高齢期に障害がある人への作業療法

加齢に伴うさまざまな疾患や諸機能の低下によって、日常生活に支障をきたしている方に対して、心身の健康維持につながる作業活動(体力作りや趣味活動、家庭や社会での役割を持てる活動)を用いて、自発的でいきいきとした生活が送れるよう支援します。また認知症や生活不活発病の予防も行います。

玉入れを用いた運動

靴を履く練習


屋外歩行の練習

畑の水やり


働いている場所

一般病院(療養病床など)、リハビリテーションセンター、ホスピス、重度認知症患者デイケア、

介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、通所リハビリテーション、訪問リハビリテーション、

通所介護(デイサービス)など

対象となる方が持っている疾患

認知症、生活不活発病、骨折、変形性脊椎症、変形性関節症、脳卒中、心臓病などの内部疾患、

パーキンソン病などの神経難病

高齢期の障害に対する作業療法を“まんが”でわかりやすく紹介

まんが作業療法物語 生活不活発病編.pdf
PDFファイル 2.5 MB
まんが作業療法物語 認知症編.pdf
PDFファイル 1.4 MB

お問い合わせ

公益社団法人 大分県作業療法協会
〒870-0038
大分県大分市西春日町3−2

097-547-8662
メールでのお問い合わせ 会員専用のお問い合わせ
協会ビル

めじろん元気アップ体操

 「めじろん元気アップ体操」は、元気な高齢者はさらにいきいきと!介護が必要になった方も再び元気になって自分らしい人生を送れることを目的に、大分県にて作成した筋力アップ効果の高い介護予防体操です。

広報誌「伝」
関連団体 日本作業療法士協会 日本作業療法士連盟 大分県作業療法士連盟 大分県スポーツ学会 九州合同学会 九州先端リハ